BELSとは...?


 BELS(ベルス)とは、「建築物省エネルギー性能表示制度」のことで新築・既存の建築物において、省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する制度です。
平成28年4月より、対象範囲が住宅に拡充されると共に、建築物省エネ法第7条に基づく建築物の省エネ性能表示のガイドラインにおける第三者認証の1つとして運用が開始されました。 国のお墨付きが与えられる省エネ性能表示制度であり、新築だけでなく既存住宅についても評価・表示が可能ですので、建物の省エネ性能、資産価値を示すひとつの指標となります。

 

※BELS[ベルス]とは Building-Housing Energy-efficiency Labeling System(建築物省エネルギー性能表示制度)の略称です。


信湘建設は「BELS工務店」です


[BELS工務店の定義]

1,自社建設の住宅についてBELS表示を取得した経験があること

2,2020年までに自社で建設する全住宅にBELSを表示する事を目標に掲げること

3,毎年度、自社で建設する全住宅の内、BELS表示を行った物件の割合を報告すること

4,国土交通省が行うBELS普及の取り組みに協力すること


評価・表示される性能


BELS住宅で評価し、表示される性能は、建物外皮性能と一次エネルギー消費量の2つです。
設計した一次エネルギー消費量が基準となる消費量からどれだけ削減できているかを数値で表し、数値に応じて5段階の星マークで表示します。
☆マーク2つからが新築の省エネ基準に該当し、☆マーク3つは誘導基準、☆マーク5つが最高となります。
再生可能エネルギー(太陽光発電など)を除いて一次エネルギー消費量が20%削減もしくは、再生可能エネルギーを含んで一次エネルギー消費量が100%削減できる住宅は、「ゼロエネ相当」と表示し、外皮性能も強化した基準値をクリアするとZEHマークを表示できます。

※参考:『一般社団法人性能評価・表示協会』

■一次エネルギーって?

 石油や天然ガス、水力など、自然界に存在するものから得られる、発電のために必要なエネルギーのことです。

電気(一次エネルギーを加工して作られるもの)などは、二次エネルギーと言われています。

■Ua値って?

 Ua値とは「外皮平均熱貫流率」のことで、「どれくらい熱量が家の外に逃げやすいのか」を表す数値です。具体的には、建物の中と外の温度を1度と仮定したときに、建物の外へ逃げる時間当たりの熱量を外皮面積(外皮=天井、壁、床、窓等)の合計で割ったものです。

計算式:Ua値 = (各部の熱損失量の合計) / 延べ外皮面積

Ua値は、数値が低いほど、断熱性能が高いと言えます。


■BELS表示される性能☆マークについて

建物の省エネ性能を表示するのが☆の数です。BEI値によって5段階で表示されます。
BEIは、「基準一次エネルギー消費量」に対する「設計一次エネルギー消費量」の割合のことで、BEIの値が小さいほど、省エネルギーです。

BEI : 設計一次エネルギー消費量/基準一次エネルギー消費量

※BEI:Building Energy Index BEI=1.0は省エネ基準と同等の水準です

☆☆☆☆☆ BEI≦0,8  
☆☆☆☆ 0,8<BEI≦0.85
☆☆☆(誘導基準) 0.85<BEI≦0.9
☆☆(省エネ基準) 0.9<BEI≦1.0
☆(既存の省エネ基準)  1.0<BEI≦1.1

※☆数に対応するBEI値は、住宅用途の数値です。

※外皮基準は判断基準に含まれません。


BELS表示割合の公表


2020年までに当社が建設する物件に対し、下記の割合でBELS取得表示を行うことを目標とします。

  2017年度 2018年度 2019年度

2020年度

ZEH目標 10% 20% 50% 100%
ZEH実績 0% 8%  12%